So-net無料ブログ作成

第22回歴懇芸能部扇好亭一門会 古典『親子酒』をフレームにした原型をとどめない改作『歌い酒』 [大衆芸能]

2013年11月23日、雑司ヶ谷の割烹大倉で一門会を開催しました。
祝日にも関わらず大勢の方がお越しくださり、勤労に感謝しつつ無事にお開きとなりました。
私は中トリで古典落語『親子酒』の改作(というよりもはや新作か)、『歌い酒』を演じました。
マクラ、絶好調。落語も第20回の『がまの油』(邪魔ネットかまた)をしのぐ大ウケでした、

今朝はちょっとのんびりしてます。
朝7時すぎに起き日経新聞を丁寧に読み、よめはんを見送り、仕事の進行状況のチェック。
今日の午前中はちょっとぐらい遊んでても大勢に影響がないことを確認。

昨日11月25日、大阪地裁は遺族補償年金の男女不平等規定を「違憲」としました。
これは女性には年齢制限がないのに、男性にだけあるのはおかしいというもの。
対象は地方公務員災害補償法(地公災法)に基づく遺族補償年金。
原告は公立中学教諭の妻に先立たれた男性。
被告は地方公務員災害補償基金(東京)。

これ、男性が不利じゃないかという話。
しかし男性に配慮することが女性に配慮することにもつながり、逆もまた真なり。
さらに同様の不平等規定は民間が対象の労働者災害補償保険法や遺族厚生年金などにもある。
「公務員の話でしょ?わしら関係ない」ではない。

日本に中長期に在留する外国人の権利。
日本国民と同じ権利は認められない。
しかし基本的人権だけでなく、可能な限りその自由と権利を認め配慮する社会への志向。
それが結局は主権者である日本国民の自由と権利を守ることにもつながる。

何の話だっけ?

大トリのほん弥師匠は『骨釣り』を演られました。
師匠の十八番の中で、『次の御用日』や『禁酒関所』、『蔵丁稚』もいいのですが、私はこの『骨釣り』が一番好きです。
ほん弥師匠の『骨釣り』は上方の型とも江戸の型とも違う独自の構成演出で、実に楽しい。
今回は自作のサゲまで用意されていました。

私が一門会に入れてもらい、最初に演じたのは第11回です。(2007年9月1日)
みんなのアイドル古川さんこと扇好亭愛$師匠と同じ二部出演。
ネタは自作の新作『屏風の虎』。(一休さんと新右衛門さんのドタバタ)
このときほん弥師匠が演られたのが『骨釣り』。

隅で正座しながら聴いており、おもろいなあと思った。
さすが関大落研は京産落研とは違うなあと。
(そもそも芸風が違う。京産落研は全国落研の中でも特殊)

第12回から一部昇格。(2008年3月8日)
このときより扇好亭酔平を名乗らせていただいております。
上方の古典落語『くっしゃみ講釈』を演りました。

ちなみにこの落語、私は笑福亭松之助師匠のが好きです。
松之助師匠は神戸市出身で明石家さんま師匠の師匠、そして我らが京産落研の芸能界突撃隊長、五所の家小禄師匠(故人)の師匠でもある。

「酔平」という芸名はほん弥師匠が付けて下さいました。
前にどっかで書いたけど、最初は私の落研の先輩である鶴瓶師匠にちなみ「酔瓶」にしようと思われたそうです。
そしてこれは私の推測でありほん弥師匠に確認していませんが、私が当時、明石書店に勤めていたため、水平社に掛けているんじゃないかと。

もしそうだとしたら責任重大で光栄極まりない芸名です。(いずれにしても「平」でよかった)

今回、「扇好亭酔平」の芸名を介護施設などの慰問落語で使用する許可をほん弥師匠からいただきました。
「ええで。ぐ。」ゆうて。

出囃子は「カモメの水兵さん」。
海に縁の深い私にぴったり。
三味線は旭屋書店船橋店の扇好亭艶美姐さん。
司会は私の出版業界時代、日本ライブラリー出版会を通じて業界のさまざまなことを教わった扇好亭豚尾こと馬場先輩。

第11回からずっと出させてもらってる。
資格試験を直前に控えていても。

今回が22回やから引いて1足したらなんぼや?

12回連続出演。
一門会だけは必ず新ネタをおろすようにしており、今回が12席目。
どこまで新ネタで通せるか、限界に挑戦継続中。

今回、雪珍亭雲痴師匠はズル休み。
九州吹き戻しで江戸に帰れず。
雲痴師匠がおられない分、私が盛り上げて中入りに入らねばと頑張った。

しかしみなさん、全体的にクオリティーが高かった気がする。
雲痴師匠がいないとこうもまとまるものか。

いつものように上方落語、江戸落語あり、読み聞かせ落語あり、ギター漫談あり、二部では相変わらずわけのわからん愛$師匠の珍芸、「雨ニモマケズ・智恵子抄など」あり。

今回、私が準備していた『親子酒』(実は『歌い酒』)は、よみきかせ亭ギョロ松改メ扇好亭歌る美姐さんとネタがもろにかぶった。
『親子酒』を演ると言いながら、「ぜんぜん違うやん」というのを期待してたのですが、プログラムで演目がかぶるのはまずいので『歌い酒』にしました。
しかし歌る美姐さんが演られた『親子酒』は絵本を題材にしているため江戸落語の標準的型。
(歌る美姐さんは関西人ですが)

上方落語の標準的型では倅がポストにぶつかったり、うどん屋とのからみがあったりします。
しかし私はそれらを全て排除し、酔っ払いがアホな替え歌を歌いながらアホな話をするという型にした。
これだとあまり覚えなくていい。
最近は全く行ってませんが、カラオケ持ちネタでいい。
(新作の替え歌もあり・・・いや、中森和田以外はすべて新作か・・・)

しまった!鬼太郎を入れ忘れた。

ケ、ケ、あそこの毛~♪

最後に今回の落語をやるにあたり江戸川図書館のご協力により研究させていただいた師匠方をご紹介します。

まずは五代目(先代)桂文枝師匠(故人)。

http://search.japo-net.or.jp/item.php?id=VZCG-595

そして六代目笑福亭松喬師匠(故人)。
松喬師匠は今年2013年7月30日に肝臓癌のためお亡くなりになりました。
62才。若すぎる。惜しすぎる。

亡くなられる少し前、よめはんが毎回録画してるんだけど忙しくてちっとも見てないNHKの「日本の話芸」だっけ?
ちゃっちゃら~ちゃっちゃらっちゃら~♪とかいう音楽に林家木久扇師匠の相撲の絵がオープニングにある番組。
これをよめはんと見てて、げっそり痩せた師匠に夫婦でびっくりした。

松喬師匠の上方落語集は江戸川区中央図書館に全巻あります。(江戸川区、エラい!)

http://columbia.jp/artist-info/syokyo/COCJ-35059.html

最後に桂吉弥相談員の夜のお仕事。

http://www.teichiku.co.jp/artist/kichiya/disco/cr21303.html

よめはんがあなたの大ファンです。
雀々師匠の次に好きなんだとか。(ビミョー)

以上の師匠方の『親子酒』を研究しましたが、結局、何の参考にもしませんでした。

(なんじゃそら)

131124_131800.jpg

ご来場者から演者にプレゼントされた花束。
いつもこうして花瓶に活けて楽しみます。

131124_130348.jpg

着物と襦袢。

一門会一部終了後の宴会で、多くの方から言われた。
「替え歌を必死でメモしたけどメモしきれなくて・・・」

そんなもんメモしてどうすんねん。(ワラ)

近日中にブログで口演録をアップしますからって。
データ化してないのでちょとまてね~。(いま寛大師匠)

          ■

ここからは著作権法の話です。
興味のある方のみお読みください。
その逆、つまりここだけ読んで本文を読まんのは、ゆ~る~さん!(木村進師匠)

私の『歌い酒』は二次的著作物になります。
二次的著作物には主に複製と翻案があるのですが、これは翻案になります。
ちなみに歌る美姐さんの読み聞かせ落語は複製と翻案の両方の要素があると思われます。
いずれにしても原著者に無断で使用することは著作権侵害となります。

では我が国におけるフェアユースに関する規定(著作権法30条~50条)に照らしどうなのか。
同法30条1項では、「私的使用」を「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」としています。

一門会は「落語をはじめ素人の芸能を楽しむこと」を目的としながら、その実、割烹大倉の美味しい料理とお酒を飲みながら業界関係者や元業界人が集い交流することが真の目的です。
そのため飲食代を会費としてお客様からいただきます。(一門会のメンバーも支払います)

ほん弥師匠に至っては、私財をなげうって(大袈裟な)、わざわざお越しくださるお客様の負担を減らしたり(ビール券等の拠出)、楽しんでもらったり(来場者プレゼントの大半を全国各地出張時に自腹で購入)しています。

営利目的でないことは明らかです。
しかし「私的使用」とは認められないでしょう。

著作権のない、というか、あったとしてもとっくの昔に保護期間が切れている正統派の古典落語を演るほん弥師匠と扇好亭奴凡こと春ちゃん。
このお二人は何の違法性もなくセーフです。

今、一門会のプログラムを見てるんですが、このお二人以外、演者はすべてアウトですね。

このように著作権法というのは厳密なことを言い出すと何もできなくなります。
このブログを読んでくださっている方も、何の悪気もなく日常的に他人の著作権を侵害しているはずです。

しかし私はそれが一概にすべて悪いとは思っていません。
むしろ何でも著作権を持ち出して濫用する最近の風潮に批判的です。
似たところでは、最近、社会問題として語られることの多い食品表示問題についてもそうです。

何でも法律で縛って縛って、がんじがらめにする。
それが必要な場合もありますが(私の準専門分野としては特定商取引法や消費者契約法など)、どこを締めてどこを緩くするか、あるいはグレーのまま事実上認めるのか、ということも非常に大事です。
そういった思考を自分自身の頭で繰り返さないと、ただの「法律バカ」です。

私は著作権相談員ですが、そのような観点から無料相談に応じております。

http://shinohara-visaoffice.com/

お電話はなるべく携帯へ。
090-9863-8944

しのはら行政書士事務所  行政書士  篠原 拓生

          ■

131128_110058.jpg

右は富岡八幡宮大鳥神社の熊手。
昨日、11月27日は、大鳥神社の酉の市(三の酉)でおました。
古いのを奉納しサラのんをパサッパサッしてもらいました。

左は深川不動堂の破魔矢。
これは来年の正月に奉納し馬の絵馬にする予定。
仏陀に全人類の幸福と平和を祈願するとともに、ボブサップとその家族、ひいては日本に在留する全てのスリランカ人とフィリピン人、そしてその家族である日本人その他すべての救済を切に祈願するとともに、わしは目玉ひとつになっても、決してあきらめず、最期まで勇敢に立ち向かい、いつでも腹を斬る覚悟で仕事に邁進することを誓いました。

(長いか?)

          ■

131201_154720.jpg

2013年12月1日午後3時47分 JR市川駅北口交番にて

なんで大阪弁やねん。

nice!(0)  コメント(66)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 66

リス太郎

あかん。見直しに時間かけすぎた。仕事や仕事や。5時までド集中。

今日は6時半から三田で多言語行政書士協会の研修会。
ここの研修会はクオリティー高いんよ。

http://language11.sakura.ne.jp/index.html

by リス太郎 (2013-11-26 12:42) 

リス太郎

特定秘密保護法案、とうとう衆院通過しました。ほんまにええんでっか?

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131126/plc13112611330012-n1.htm

日本維新、修正案に合意しながら退席、棄権。
あまいんよ、おめえら。

by リス太郎 (2013-11-26 12:42) 

リス太郎

「人の世に熱あれ、人間(じんかん)に光あれ」

この言葉だけでも知っておいてほしいものです。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/asao/suiheisha3.htm

by リス太郎 (2013-11-26 14:07) 

リス太郎

今年の全人教(旧・全同教)は11月23日と24日に徳島で行われました。
営業部員をほとんどクビにしてしまった書店Aでは、M師匠が行かれたようです。

あの人、オートマしか運転できないんじゃなかったっけ?

http://ww8.tiki.ne.jp/~tokujinkyo/zenjinken/index.html

来年はうどん県の香川らしい。2年続けて四国ですか。

http://www.zendokyo.com/sub5.html

12月4日~10日は人権週間です。

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03.html

仕事に戻ります。

by リス太郎 (2013-11-26 14:28) 

リス太郎

今回は三田じゃない。神田公園区民館や。淡路町。

あぶね~。三田へ行くとこやった。

by リス太郎 (2013-11-26 17:02) 

リス太郎

大鳥神社の熊手と深川不動堂の破魔矢を本文末尾に貼っつけますた。

東京には「えべっさん」がないので、酉の市に通い続けて早や10年。
今年は三の酉まであり、三の酉のある年は火災が多いと言われるらしい。
(よめはんの談)

門前仲町は神仏混淆だったころの名残が非常にわかりやすい形で残ってます。私とよめはんの大好きな街であり、お参りのあと、「緒川」という小料理屋で軽く食事しちびちびやって帰りました。まあ、たまにはそれぐらいええやろ。

経費削減。複合機は年商1000万を超えてからでええ。
こないだも電話営業の兄ちゃんにゆうた。

「頭つかえばそんなもんいらへん。頭わるなったらこっちからかけるさかい二度とかけてくるな」

長電話、利益の花も咲きまへん。
ケチってケチって銭のこし、きっちりきっちり納税し、我の贅沢戒めて、年間寄付金総額を伸ばしていく。それがわしの価値観。

しかしまあ、たまにはそれぐらいええやろ。

真っ暗な深川不動堂にも行き、誰もいない中、よめはんと二人で一心に祈りました。

スリランカの多数派民族シンハラ人はボブも含め敬虔な仏教徒。
少数派のタミル人は敬虔なヒンドゥー教徒。
両民族が協力してスリランカを自由で豊かな国としていくことを日本人として切に願う。

ネパール人は仏教もヒンドゥー教も一緒だ(?)と言う。
その一方、スリランカでは両教徒が血で血を洗う内戦を長年にわたり繰り返してきた。

どんな宗教であれ、願いは同じだと思う。
深川不動堂と富岡八幡宮に全人類の幸福と平和、そしてボブサップとその家族の救済を祈願してきました。

by リス太郎 (2013-11-28 11:45) 

リス太郎

昨日、法務大臣の裁決が下り、「異議の申出に理由なし」ということで、東京入管に収容されました。

仕方ない。仕方ないけどこのままではすまん。
闘争本能をくすぐられ、気力が充実してます。

くてねておきてまたたべて~
おなじことしてしんでゆく~
ひとのいのちの長命は~
いくら尺でもメートルでも~
はかる長さにかわりはないが~
とおり相場で八十年~
よしや100まで生きたとて~
中風で手足が自由にならぬ~
入れ歯で香々かむようじゃ~

(これ以上やると著作権侵害になるので中止)

http://www.youtube.com/watch?v=r1W7EGULc6s

チャリで小岩へ行ってきます。またね。

by リス太郎 (2013-11-28 12:03) 

リス太郎

あかん。おいつかん。よく考えて、考えながら行動しょ。急がばまわれや。

今日はあなたの精子小岩から江戸川区役所本庁へ。
江戸川区役所にはいくつかの用事があり、いつもは葛西事務所なんだけど通り道だから本庁に寄った。

小岩大橋を渡りながら、よめはんの納税証明を取ればええんやとひらめいた。
(わしは非課税なので)

帰ろうとしたらチャリンコの後輪がパンクしており、近くにみつけた昔ながらの自転車屋さんに入った。経費で落とすため領収書をもらうと「有限会社飯山商会」というらしい。

「商会」。
いいねえ。昭和っぽくて。
「ジャパライフしのら商会」にしよ。

こういうオヤジになりたいねん。油まみれの作業着にスパナもって。

子どもの頃、こういう自転車屋さんが近所に何軒もあった。パンクを直してくれるのをじーっと見てた。今日のわしも子どものようにじーっと見てた。やり方は私の子どもの頃と大して変わらない。

スパナでタイヤを外しチューブを抜く。空気を入れてバケツに入れた水につける。

「そこや!穴あいとる!」とわし。

穴あいとる周辺をチュイーンして刷毛でペタペタする。おもむろにゴムをハサミで切り四つ角を切り落とす。裏紙をはがしペッタンコすれば修理完了。

わしが子どもの頃、パンク修理は200円か300円程度でした。
カニ助先生によると、中国石家庄では2元らしい。(約32円)

さすがに今はそんな値段では無理。修理代は千円。痛かったけど、チャリンコによる経費削減はでかい。わしは東京都は江戸川・江東・葛飾・墨田、千葉県は市川・浦安・船橋あたりでもチャリンコで行くことは少なくない。お台場と品川埠頭に橋をかけてくれれば入管にもチャリンコで行きたいぐらい。

そして何よりも、こういった昔ながらの自転車屋さんに頑張ってほしい。

俺も頑張ろう。油にまみれて、手ぇよごして、それがほんまの仕事や。

仕事に戻ります。

by リス太郎 (2013-11-28 19:34) 

リス太郎

その前にギャグをひとつ。
昔、書店Aの営業部にいたT中M美嬢の話。

「ねえねえしのちゃんしのちゃん。出張でぇ、大阪いったらぁ、えびすさんってのにおまいりしたよ」
「えべっさんです。えびすさんは漫画家」

どうでもいいけどそのアホっぽいしゃべり方どうにかならんのか。
もうすぐ50ちゃうんか。

仕事に戻ります。

by リス太郎 (2013-11-28 19:42) 

リス太郎

風呂あびて薬ぬって股間と足の裏がスース―してます。

今日はもう閉店ガラガラ。わしが体いわしたら困る奴ぎょうさんおる。
メシ食って芋焼酎のんで・・・。

もうずいぶん前より、長年愛飲してきた「さつま白波」を飲ませてもらえず、「すごいも」というのを飲んでます。日本酒はたまに冷酒でいただきたくなることがあり、これは何かめでたいこと(永住許可とか)があったときにマルエイで、

http://www.maruei.info/tenponishikasai.htm

握り寿司の半額とかを買ってきてよめはんと猪口で「ルネッサ~ンス」する。
そんなとき、神戸っ子のわしは「菊正宗」。これは譲れない。

http://www.kikumasamune.co.jp/

ま、基本的に焼酎党だから家計への影響が少ないんだけど。

by リス太郎 (2013-11-28 21:10) 

リス太郎

陳建民ショーやってる。よめはん風呂から出てきたら見よ。
メシくって「すごいも」ちびちび大事に飲んで、アメトーーーーーク!

へて、コロッとねよ。

最近、先代文枝師匠の『高津の富』や『百年目』、六代目松喬師匠の『三十石船』(三十石夢乃通路)

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%89%E5%8D%81%E7%9F%B3%E8%88%B9&sa=X&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ei=YzSXUp3ELI3YlQW_1IDgCg&ved=0CDUQsAQ&biw=1124&bih=506

をかわりべんたんに聴きながら寝ておりますが、なかなかサゲまで聴かせてもらえません。

by リス太郎 (2013-11-28 21:22) 

リス太郎

ボブのよめはん、意外に気丈なので助かってます。

by リス太郎 (2013-11-28 21:23) 

リス太郎

夕刊をバサバサやってるとイラッとくる記事を発見。
「猪瀬知事に意見717件」「電話やメール9割が批判」(本日日経夕刊)

「『選挙で1票を投じたのに裏切られた』など批判的意見が大半」らしい。

1票入れたんなら最後まで守ったらんかいオンドレ!
裏切られたてどういうこっちゃい!オンドレの見る目のないんを棚に上げなんちゅう言い草やド阿呆!

いつから日本人はこんな情けない人種に成り下がったのか。
「義」を重んじる美徳はどこへいったのか。

わしは猪瀬、大嫌いやけど、そういうことなら支持する。
(どこまでへそ曲がりなんや)

でわ、またあすた。

by リス太郎 (2013-11-28 21:31) 

リス太郎

休憩。朝から晩までバッタバタ。脳みそフル回転。
いくつもの案件を同時進行でブルドーザーのようにこなす。
荒っぽいようで繊細。

この仕事、始めてすぐ思ったのは、皿まわしと一緒やなと。
今、わしの頭の上でおそろしい数の皿がまわっとるねんけど、どれも落とされへん。責任重大。

今日はよめはん、友達とメシ食って帰るらしい。おそらく11時前にどてら姿で文枝師匠のほっともっとでお気に入りのおろしチキン竜田弁当を買い、「おっぱいパブいかが」とか言われ、「お前はアホか」とかいう会話をして、ぱくぱく食って焼酎のんで寝ることになる。

http://www.hottomotto.com/menu_list/view/13/9

今日はせいじのアフリカはないのでよそ見せんと仕事に集中できる。カニ助先生から「雅稜苑いかない?」と言われてたんだけど、さすがに今日は断った。どっかでストレス発散せなあかんねんけど。

http://asahi.co.jp/konnatokoroni/

この番組、いろんな意味で面白いし勉強になる。

一門会の落語が終わって明日で1週間。ほっとする間も一切与えない入管。
わしも仕事ならあちゃらも仕事やからね。お互い頑張りませう。

チューチュと絞り垂らしたその油
あっちやこっちのねえちゃんたちが一合や二合と買い求め
カミナリさんにはおいかりあげて両の手あわせて申すには
南無八幡大菩薩じゃ悪しきを祓て助けたまえ天神御の尊
家内安全身は息災
好いた男と添いますようにとなんじゃかじゃとて法華の宗旨じゃないけれど

(アウト)

http://www.youtube.com/watch?v=r1W7EGULc6s

by リス太郎 (2013-11-29 19:27) 

リス太郎

水虫の話でもする?

by リス太郎 (2013-11-29 19:34) 

リス太郎

神戸っ子のわしには辛いとこなんやけど、今年の夏以来、革靴が憎い。
昨日は江戸川区役所本庁にサンダル履きで行ったけどね。
今日は九段下の法務局。どうしようか迷ったけど、靴はいて行った。

電車の中で右足の靴ぬいで王子動物園のベニイロフラミンゴみたいに立ってる奴がいたら私です。

http://ojizoo.jp/zukan/zu-index.htm

子どもの頃、家族全員でどっかへ遊びに行くという経験が全くない。宇高連絡船で四国の祖父母に会いに行くぐらい。大阪東住吉の母の実家には親父は来ない。

典型的な企業戦士だった親父がたまの休みに王子動物園に連れてってくれる。親父の動物園の楽しみ方は誰に似たのか知らないけど我がまま勝手なもので、子どもの興味は一切関係なし。自分の好きな動物しか見ない。だからすぐはぐれて迷子になる。

王子動物園。入口入って左側でベニイロフラミンゴが出迎えてくれます。

http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/ojizoo/

動物園から帰るとおかんがクッキーとか焼いてくれてて、すごくおいしかったな~。(ノスタルジー)

by リス太郎 (2013-11-29 19:50) 

リス太郎

動物園の帰りに必ず神戸港に寄る。「あれがガントリークレーンや」とか。
乙仲という仕事をしてた。わしが中学に上がるとすぐイラク赴任となり、その翌年にイランイラク戦争が勃発。その後もヨルダンやクウェートを転々とし、タイ勤務を経てフランス支社長になったけど空輸で神戸大学病院に収容された。車椅子生活になるはずが、なぜだか復活してゴルフまでやる。今は抗がん剤で苦しんでるみたいだけど毒舌と闘争本能は健在。

困った人や。

by リス太郎 (2013-11-29 19:59) 

リス太郎

水虫の話でした。

と思ったけどもうこんな時間。仕事に戻ります。

by リス太郎 (2013-11-29 20:01) 

リス太郎

水虫の話、やめ。また今度。しゃれならん。

水虫だけでなくいんきんたむしに全身化膿湿疹に。
皮膚科に行きたいけど時間も金もない。

皮膚炎は昔からの持病なんだけどこんなひどくなったのは初めて。
そこへ今まで経験したことのない水虫いんきんたむしの襲撃。

ビタミンが不足すると皮膚病になるらしい。
すぐにイラッとするわしはビタミンが不足しがち。
アセロラの飲料をこうてきた。

あと、今年の夏から体質が変わったのか、慢性便秘にも悩まされてる。
年がら年じゅう慢性下痢で酒飲んでババもらすのが年に何度もあるこのわしが。(お前は六代目松鶴か)

by リス太郎 (2013-11-30 21:26) 

リス太郎

今日は早朝から新聞もろくに読まずにド集中。昼に船橋へ行き4時に戻って1時間ド集中。そっから亀戸に行き、8時半に帰宅。風呂あびてきれいきれいして股間と足の裏と全身がスースーしてるとこです。

今日は奮発して伊東四朗先生のタフマン買って飲んだ。(150円)
(タフマンが一番効くと思います)

正念場ですが体が資本。明日もハード、というか、明日と明後日、明々後日が山場なのですが、疲れをためないようにしなきゃいけない。

一番いい疲労回復方法をお教えします。
笑うことです。
テレビがつまらなければ自分で面白いこと考えることです。

これが究極の疲労回復、健康法。

by リス太郎 (2013-11-30 21:39) 

リス太郎

つ~かみ~か~けた~ あ~つい~メ~ンを~
なぜだか~きゅう~に~ きみはハシをと~め~
ふりむきざまに~ オレにナルトを~みせて~
おいしそう~に~ たべ~た~

チャララララッ チャ~

リンガー! ハットの! カウンター席~で~
きみは! スープを! のみほして言いった~

batten bari umaka bai

(アウト!)

by リス太郎 (2013-11-30 21:43) 

リス太郎

口演録、ちょっと待ってね。いまそれどころじゃない。

マクラも含め完全ノーカット版。(ジャスラックからクレーム来たりして)

by リス太郎 (2013-11-30 21:47) 

リス太郎

メシ食います。今日は大好きなおでん。関西風。

by リス太郎 (2013-11-30 21:48) 

リス太郎

市川駅前交番のポスターの写真を貼っつけました。

by リス太郎 (2013-12-01 22:53) 

リス太郎

講談社様主催の音羽寄席でふったマクラのひとつ。

「オレ、オレオレ、オレやがな」
「ヒロシかい?」
「そうそう。ヒロシやがな」
「うちにそんな子、おまへん!」

ガチャン!

by リス太郎 (2013-12-01 22:55) 

リス太郎

ひろうこんぱい。めしくてねる。おでんでふ。

(きのうのよなか、きゅうにうんこ、したなって、たっぷりでまふた)

by リス太郎 (2013-12-01 22:57) 

リス太郎

今日はなんもおもろいことなしっ! 以上っ!

by リス太郎 (2013-12-02 21:51) 

リス太郎

一日中革靴はいてうろうろしてご機嫌いちじるしくナナメっ! 以上っ!

by リス太郎 (2013-12-02 21:52) 

リス太郎

注! 注! 注! 荒井っ! 注っ!

by リス太郎 (2013-12-02 21:55) 

リス太郎

とかゆうとる場合やあらへん。

先日11月30日付日経朝刊の小さな記事。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG29053_Z21C13A1CR8000/

七生養護学校(現・七生特別支援学校)の勝訴が最高裁で確定。
それぞれの子どもにふさわしいと思う教育をする自由。
性犯罪の被害者にも加害者にもさせないために必要だと思う性教育をする自由。
それを最高裁が認めました。(当たり前ですが)

この問題は6~7年前に当ブログで取り上げたと記憶します。
どこにあんのか自分でもわかんないんだけど。

ああ、これか。

http://jpdragon.blog.so-net.ne.jp/2006-09-22-6

by リス太郎 (2013-12-02 22:09) 

リス太郎

メシくお。明日も朝から乳管。じゃない入管。

早くお台場と品川埠頭にチャリンコが走れる橋をかけてくれんかね。

by リス太郎 (2013-12-02 22:24) 

リス太郎

これも見てね。

http://www.labornetjp.org/news/2013/1385778440371staff01

乳管、じゃない入管行ってきます。橋かけて。

by リス太郎 (2013-12-03 07:59) 

リス太郎

石破某たらゆう人のブログがおもろいらしい。

by リス太郎 (2013-12-03 13:54) 

リス太郎

わしのブログもおもろいで。

by リス太郎 (2013-12-03 13:55) 

リス太郎

どんなふうに?

by リス太郎 (2013-12-03 13:56) 

リス太郎

こんなふうに。

by リス太郎 (2013-12-03 13:56) 

リス太郎

たとえば私が「麻生はアホや」とブログに書いたとします。
麻生がアホなのは「特定秘密」なので私は逮捕されます。

by リス太郎 (2013-12-03 13:58) 

リス太郎

政府が「市民によるデモはテロと変わらない」と思ってることも「特定秘密」なんじゃないの?

by リス太郎 (2013-12-03 14:00) 

リス太郎

だんだん中国っぽくなる最近のニッポン。
仕事に戻ります。

by リス太郎 (2013-12-03 14:02) 

リス太郎

ちょっと早いけど上がります。
まだまだやらなあかんこと、考えなあかんこと、ベンキョーせなあかんこと、山ほどありますが。

とりあえず「戒厳令」は解除。「人間らしい生活」に戻ります。

U先生からぼやきメールが来てるけど後で返信します。
「入管ノイローゼ」って・・・(ワラ)

わしもいっしょですたい。

by リス太郎 (2013-12-03 18:29) 

リス太郎

今日は久しぶりに料理しようと思う。砂肝をオリーブオイルで炒めます。

砂肝は銀皮のついたものを使います。
業界でいうところの「筋付き」という奴です。

ブラジャーのようなのを真ん中で切って、それぞれの山を真ん中で切ります。
フライパン(あるいは中華鍋)にオリーブオイルを多めに入れ砂肝を炒め塩と胡椒で味を調えます。

残った油でチャーハンを作ります。
最初に砂肝を切るとき、チャーハン用に細かく切った砂肝も用意します。
やはり塩と胡椒で味付けて仕上げます。

油はサラダ油でも胡麻油でもいいのですが、私は最近、オリーブオイルを使うのにはまってます。

(なぁにぃ~?やっちまったな! 男はだまって、 重油!)

by リス太郎 (2013-12-03 18:43) 

リス太郎

鶏皮も同じ要領でおいしく食べれます。

鶏皮を適当な大きさに切ってフライパンで炒めます。
このとき注意しないといけないのは、オリーブオイルの量を控えることです。
鶏皮は油分が多いのでオリーブオイルが多いと油だらけになります。
鶏皮自身から出る油でカリッと揚げたようになり美味です。

そして残った油と細かくきざんだ鶏皮でチャーハンを作ります。

鶏皮はコラーゲンたっぷりで美容にいいですよ。

(なぁにぃ~?やっちまったな! 男はだまって、 グリコーゲン!)

by リス太郎 (2013-12-03 18:51) 

リス太郎

チャーハンを作るとき、玉ねぎは入れないほうがいいです。
水っぽくなるので。

(なぁにぃ~?やっちまったな! 男はだまって、 玉入れ!)

                    意味がわからん   ↑

by リス太郎 (2013-12-03 18:53) 

リス太郎

樫の木モックの替え歌。

ノックノック 横山ノック ノックノック

by リス太郎 (2013-12-03 19:00) 

リス太郎

子どものころ大好きでいつもテレビで見てた。
考えたらこの作品はピノキオの二次的著作物(翻案)ですね。

by リス太郎 (2013-12-03 19:07) 

リス太郎

なんか体が弱っちくなった気がする。今年の初夏あたりからどうも調子悪い。暑さにも寒さにも弱くなった。そして水虫といんきんたむし。

思うに。
日本人ははだしにふんどしという日本古来の伝統衣装に戻るべきではないか。

(なんでやねん)

by リス太郎 (2013-12-03 19:13) 

リス太郎

ちなみにもともと日本人は刺青をしていました。海にもぐって魚を獲るのにサメなど大型魚類から身を守るためなのでしょう。「魏志倭人伝」に書いてあるそうです。司馬遼太郎さんが『街道をゆく』の中でそのように解説しています。
(たしか「江南のみち」か、あるいは「閔のみち」だったと思う)

市バスの運転手が刺青してるといけないと言う。
そういうこと言うこと自体、差別だということにお気づきなし。
週刊朝日とのケンカなら木刀もって一緒に行ってやってもいいけど。

人権について基本から勉強し直しなさい。
エセ維新ごっこなんかやめて。

by リス太郎 (2013-12-03 19:25) 

リス太郎

明日から人権週間です。
今年の強調事項は次の17項目です。

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00005.html

by リス太郎 (2013-12-03 19:28) 

リス太郎

どっと疲れが出てます。今日は午前中、家で仕事しながらも頭がもうろう。バナナを食ってみたりチョコレートをかじってみたりするんだけど頭も体もふらふら。また白髪が増えたかのう。

昼に西葛西の喫茶店で帰化相談があり、まあ、懇切丁寧にご説明したんだけど、みんな例外なく呆気に取られちゃうわけ。なにそれみたいな。でもこれが現実だし、うちはシッカリガッチリサポートだから心配ない。ご本人が混乱しないように何段階かに分けて準備していく。

http://shinohara-visaoffice.com/

このとき手帳がないのに気づき家に忘れたと思った。家に帰ったらない。もっぺん喫茶店に行くがやっぱりない。あるとしたらこの狭い家のはずなんだけどない。仕方ないのでとりあえずあきらめて仕事を始めたけど眠くて眠くて。夕方から3時間ほど眠りさっき起きた。

この数週間、寝つきは最高にいい。
落語聴きながら寝るんだけどサゲまで行かない。

松喬師匠の『三十石船』なんて何度聴いたかわかんないけど、いまだに船が出ない。「西郷低盛」とか「わらわはてるて姫」とか「みずからは小野小町」とか。大体このへんで記憶がない。

そっから船頭との口喧嘩となり「お女中」という名の老婆が来てしびんがパチンと割れる。このへんあたりまですっくり覚えちゃいました。

この噺もいくらでも工夫して爆笑ネタにする余地が多い。

今後はこのような大ネタに大胆なメスを入れ、酔平流の短くて笑いの途絶えない噺にしていくことも考えていきたい。

と、思う次第であります。疲れた。風呂あびて股間と足の裏をスース―させてきます。仕事も大事だけどお体お大事に。そうも言ってられないのが仕事なんだけど。

by リス太郎 (2013-12-04 21:12) 

リス太郎

スースーしてます。よめはんは星空のディスタンスを歌いながらフライパンふってます。明日はわしが作ろう。

帰化の話。今日、こんな質問が出た。
「日本政府は私たち中国人が日本に帰化するのを望んでいないのでしょうか?」

わしの回答はこう。
「私が中国に帰化したいとして、中国政府は歓迎するでしょうか?」

深くうなづいてました。入管に対する不満もそうだけど、中国の場合は逆の立場で考えてもらえばすっくり理解していただけます。

帰化の話。
日本政府、つまり法務大臣ですが、外国人の帰化を望んだり望まなかったりということはありません。国籍法に則り、条件を満たした人はしっかり審査して許可すべき人は許可する。それ以上でも以下でもないと思います。

ちなみに在日コリアンは別として、一番帰化しやすいのは漢字の読み書きができる中国人です。非漢字圏の外国人の帰化をどれだけサポートできるか。これが「しのはら」のテーマです。が、中国人で要件を満たした人の帰化は絶対に落としたくない。全身全霊で臨みます。

よろぴく。

http://shinohara-visaoffice.com/

by リス太郎 (2013-12-04 22:03) 

リス太郎

今朝は10時まで寝てました。9時間も寝たのはもう何ヶ月ぶりでしょうか。

8月下旬から忙しくなりそのまま音羽寄席があったり扇好亭一門会があったり。ろくに稽古もせず高座に上がり、書店Aの社長から電話があったのが11月16日。少なくともこの日から12月3日の正午前、西葛西駅高架下で散髪するまで、私は馬車馬のように働きづめでした。手帳をなくしたからよくわかんないけど。

今日は10時に起きて新聞に目を通し、仕事の段取りを調整しながら、リハビリ。ようやく再び気力がみなぎり、ふつふつと闘争心が湧いてきました。討ち入りじゃ。

口演録、アップせなあかんね。ちょっと待ってね、ジャスラックさん。

今日はこれから電話を2本ほどかけて亀戸に行きます。
お元気で~。

by リス太郎 (2013-12-05 15:46) 

リス太郎

ある~ふぃ。たかみ~ざわ。

http://www.youtube.com/watch?v=G1WmvJbYYMs

by リス太郎 (2013-12-05 15:48) 

リス太郎

この曲が大ヒットした年、私は高校3年でした。

ひとり落研。柔道部と兼務。受検勉強そっちのけで落語漬け。

この年、阪神淡路大震災で全壊した神戸国際会館でユーミンの前座(?)で全校生徒の前で落語を披露。何の演目をやったのか思い出せない。

ほな、サイナラ。

by リス太郎 (2013-12-05 15:53) 

リス太郎

わしが高3ということはよめはんは英知大学2回生か。
「回生」という言い方、関西だけ(?)らしいね。最近まで知らんかった。

サラの風呂を入れたのであいつに先入らしてます。
そのあとわしが入り、きれいきれいして股間と足の裏をスースーさせます。
今日はバスで亀戸なので遠慮なくサンダルで行きました。
「母さん助けて詐欺」に気をつけましょう。

今晩のメニューはパスタとフランスパンらしい。
中華料理しか作れない私は調理補助しかできません。

(なぁにぃ~?やっちまったな! 男はだまって、 スマタ!)

           だから意味がわからんっちゅうに ↑

by リス太郎 (2013-12-05 19:56) 

リス太郎

ある~日 ことみ~つき にゅうか~んに つかま~った

by リス太郎 (2013-12-05 19:58) 

リス太郎

琴光喜。

よめはんが図書館で借りてきた桂南光師匠のCD。
演目は『花筏』。

マクラで琴光喜の話題。

「生野あたり行ったらあんなおばちゃんいてまっしゃろ」

たしかにおる。

by リス太郎 (2013-12-05 20:01) 

リス太郎

相撲。やっぱり好きなんよね。
何でもそうやけど模範的な奴ばっかりだとおもろない。
アウトローな奴が好き。

風呂あびてパスタ食ってワイン飲みます。

(なぁにぃ~?やっちまったな! 男はだまって、 パイン!)

                 だからなんなんだって! ↑

by リス太郎 (2013-12-05 20:05) 

リス太郎

これ、わしの愛読書。

http://www.saiz.co.jp/saizhtml/bookisbn.php?i=4-88392-593-3

岡本太郎最高顧問も五代目志ん生師匠も、なんでいるのかわかんない本田宗一郎も出てます。

落ち込んだときに読んで勇気を奮い立たせます。

by リス太郎 (2013-12-05 20:15) 

リス太郎

南光師匠の落語のマクラですが、琴光喜ではなく水戸泉でした。
(どっちでも一緒か)

by リス太郎 (2013-12-06 11:44) 

リス太郎

生野のおばちゃんの画像は青木雄二先生の『ナニワ金融道』か何かでもお読みください。

by リス太郎 (2013-12-06 11:49) 

リス太郎

でわ、にゅうかん、いってきます。
はしかけて。

by リス太郎 (2013-12-06 11:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0